『エッサウィラ(As Sawira)』ペンハリガン(Penhaligon’s)

As Sawira Penhaligon's ペンハリガン(Penhaligon’s)

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水『エッサウィラ(As Sawira)』を肌に乗せて試した口コミ・レビューです。

『エッサウィラ(As Sawira)』の香り

『エッサウィラ(As Sawira)』はペンハリガン(Penhaligon’s)のトレードルートコレクションの1つで、香りはウード+ローズがメインのオリエンタル香です。

トップはベルガモットがほとんど分からないくらいに強めにサフラン、クローブ、カルダモンが香ります。あと、メインテーマのウードはトップからそれとわかります。スパイスと合う香料ですよね。

しばらくスパイスが出た後はその余韻を残しつつミルラ、ラブダナムなどのバルサミック調になり、やがてローズをメインとしてカーネーション、ラバンジンなどが少しずつ出てきます。樹脂は早めに薄まっていきトップ以降はスパイスも思ったより辛くはならず、柔らかくなります。

この部分、もっと長いかと思っていたのですが、案外早く収まってきますね。

ラストはシダーウッドやアンバーバニラが出て落ち着いた香調に。

恐らくペンハリガンの全作品の中で、最もウードが主軸に置かれ、またローズが目立つ香調。クラシック寄りでシンプルめな香りが多い様に感じるペンハリガンでも、この様に重くスパイシーなフローラルウッディがあったのは意外。個人的には大好きな部類です。

日本では売れないと踏んだためか、トレードルートコレクションはGinza Six限定の取り扱いです。テスト販売でしょうかね。

ハーバルなウードローズ『ウードドニル(Oud de Nil)』レビューはこちら。

クリーミーなウードローズ『ハルフェティ(Halfeti)』レビューはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました