ペンハリガン(Penhaligon’s)

ペンハリガン(Penhaligon’s)とは

創設:1860年代後半(※日本のWikipediaでは1870年)

創設者:ウィリアム ヘンリー ペンハリガン(William Henry Penhaligon)

ペンハリガン(Penhaligon’s)はイギリス王室御用達のフレグランスメゾン。創設者のペンハリガンは理容師 兼 調香師としてヴィクトリア女王に仕えたとの事。

ペンハリガンは王室御用達ブランドのDNAを今でも守っており、香り立ちは非常にクラシックなもの、モダンな香りのもの様々です。

近年ではポートレートシリーズを展開しており、ボトル買い需要やコレクター需要に応える一面も。ビジネスは上手いなと感じます。

ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水一覧

  • ハマン ブーケ(Hammam Bouquet)…1872年。ペンハリガンが発表した初の香水。
  • ブレナム ブーケ(Blenheim Bouquet)…1902年。王室のビスポークフレグランスとしてペンハリガンの中で最古のもの。ブレナム宮殿に居住していたマールバラ公の注文を受けて製作され、ウィンストン チャーチルも愛用していたもの。
  • イングリッシュ ファーン(English Fern)…1911年
  • ドウロ オー ド ポルトガル(Douro Eau de Portugal)…制作年不明
  • リリー オブ ザ バレー(Lily of the Valley)…1976年
  • バイオレッタ(Violetta)…1976年
  • ブルーベル(Bluebell)…1978年
  • ビクトリアン ポージー(Victorian Posy)…1979年(販売終了)
  • エリザベサン ローズ(Elisabethan Rose)…1984年(販売終了)
  • ラケット(Racquets)…1989年(販売終了)
  • コルヌビア(Cornubia)…1991年
  • クァーカス(Quercus)…1996年
  • カスティーユ(Castile)…1998年
  • LP No.9 フォー レディース(LP No.9 for ladies)…1998年
  • LP No.9 フォー メン(LP No.9 for men)…1999年
  • アルテミジア(Artemisia)…2002年
  • エンディミオン(Endymion)…2003年
  • マラバー(Malabah)…2003年
  • ラバンデュラ(Lavandula)…2004年
  • エレニシア(Ellenisia)…2005年
  • オーパス1870(Opus 1870)…2005年。ペンハリガンの創業を記念して製作された。
  • リリー&スパイス(Lily & Spice)…2006年(発売終了)
  • エリクサー(Elixir)…2008年(発売終了)
  • アマランシィ(Amaranthine)…2009年(発売終了)
  • サルトリアル(Sartorial)…2010年
  • ジュニパー スリング(Juniper Sling)…2011年。2012年にFiFiフレグランス財団賞(英語版)のLuxe Men部門にノミネートされた[9]。
  • ピオヌーヴ(Peoneve)…2012年
  • ヴァーラ(Vaara)…2013年。マハーラージャ、ガジュ シン2世のために製作された。
  • アイリス プリマ(Iris Prima)…2013年。イングリッシュ ナショナル バレエ(英語版)とのコラボレーションにより製作された。
  • バイオリア(Bayolea)…2014年。ペンハリガンの過去の作品から製作されたベイラムトニックの現代版。

アンソロジー(Anthology)コレクション

2009年7月から2011年にかけて以下を再販。

  • オー ド コローニュ(Eau de Cologne)…1927年(販売終了)
  • ジゾニア(Zizonia)…1930年
  • オー ド ヴェルヴェーヌ(Eau de Verveine)…1949年(販売終了)
  • エクストラクト オブ ライム(Extract of Limes)…1963年(販売終了)
  • ガーデニア(Gardenia)…1976年
  • ナイト センテッド ストック(Night Scented Stock)…1976年
  • オレンジ ブロッサム(Orange Blossom)…1976年
  • ジュビリー ブーケ(Jubilee Bouquet)…1977年(販売終了)
  • エスプリ ド ロワ(Esprit du Roi)…1983年
  • オー サン パレイユ(Eau sans Pareil)…1988年

トレードルーツ(Trade Routes)コレクション

2014年9月、19世紀末のロンドンでの貿易の急増に着想を得た4つの香りで構成されたコレクションを発表

  • エンプレッサ(Empressa)…2014年。シルクと贅沢な品物からインスパイアされ、ロンドンで取引されています。
  • ロタール(Lothair)…2014年。最後の最大のティークリッパー船にインスパイアされ、その名前が付けられました。
  • ラヴァンティウム(Levantium)…2014年。John Masefieldの詩に記述されているように、波止場の上に積み上げられた商品に触発されました。
  • エッサウィラ(As Sawira)…2015年。モロッコで最初の海港、エッサウィラに触発。

ランドスケープ(Landscape)コレクション

2015年にイギリスの海岸線の荒野に触発された香りを発表しました。

  • ブラステッド ヒース(Blasted Heath)…2015年
  • ブラステッド ブルーム(Blasted Bloom)…2015年
  • エキノクス ブルーム(Equinox Bloom)…2015年

ポートレート(Portrait)コレクション

ペンハリガン(Penhaligon’s)香水の口コミ・感想レビュー

ペンハリガン(Penhaligon’s)

『冷酷無比なドロシア婦人(The Ruthless Countess Dorothea)』(ザ ルースレス カウンテス ドロシア)

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水「ポートレートコレクション(Portraits Collection)」シリーズの『冷酷無比なドロシア婦人(The Ruthless Countess Dorothea)』(ザ ...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

『お騒がせネルソン公爵(Much Ado About The Duke)』(マッチ アド アバウト ザ デューク)

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水「ポートレートコレクション(Portraits Collection)」シリーズの『お騒がせネルソン公爵(Much Ado About The Duke)』(マッチ アド アバウ...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

『ジ アンコンプロマイジング ソーハン(The Uncompromising Sohan)』

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水「ポートレートコレクション(Portraits Collection)」シリーズの『ジ アンコンプロマイジング ソーハン(The Uncompromising Sohan)』を肌...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

『ブランシュ夫人の復讐(The Revenge Of Lady Blanche)』

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水「ポートレートコレクション(Portraits Collection)」シリーズの『ブランシュ夫人の復讐(The Revenge Of Lady Blanche)』(ザ リベンジ...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

『フランス人美青年ボーレガード(Monsieur Beauregard)』

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水『フランス人美青年ボーレガード(Monsieur Beauregard)』を肌に乗せた口コミ・感想レビュー。シトラススパイシーな香り。 『フランス人美青年ボーレガード(Mo...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

『情熱的なアメリカ人、ミスターサム(Blazing Mister Sam)』

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水『情熱的なアメリカ人、ミスターサム(Blazing Mister Sam)』を肌に乗せた口コミ・感想レビュー。スパイシーバニラとタバコですね。 『情熱的なアメリカ人、ミスタ...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

『先進的な女性、コンスタンス(Changing Constance)』

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水『先進的な女性、コンスタンス(Changing Constance)』を肌に乗せた口コミ・感想レビュー。スパイスが強めに効いてる辺り、ポートレートシリーズでも個性が強い。先進的な...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

『秘密の女、クララ(Clandestine Clara)』

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水『秘密の女、クララ(Clandestine Clara)』を肌に乗せた口コミ・感想レビュー。苦みのあるバニラの効いたオリエンタル香。 『秘密の女、クララ(Clandesti...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

『ジョージ卿の悲劇(The Tragedy Of Lord George)』

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水『ジョージ卿の悲劇(The Tragedy Of Lord George)』を肌に乗せた口コミ・感想レビューです。 『ジョージ卿の悲劇(The Tragedy ...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

『純真ないとこ、フローラ(The Ingenue Cousin Flora)』

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水『純真ないとこ、フローラ(The Ingenue Cousin Flora)』を肌に乗せた口コミ・感想レビュー。 『純真ないとこ、フローラ(The Ingenue Cous...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

『無礼ないとこ、マシュー(The Impudent Cousin Matthew)』

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水『無礼ないとこ、マシュー(The Impudent Cousin Matthew)』を試しました。 『無礼ないとこ、マシュー(The Impudent Cousin Mat...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

『誰からも愛されるローズ公爵夫人(The Coveted Duchess Rose)』

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon's)の香水『ローズ公爵夫人(The Coveted Duchess Rose)』を肌に乗せた口コミ・感想レビュー。 『誰からも愛されるローズ公爵夫人(The Coveted Duch...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

【オリエンタルのお手本】ペンハリガン待望の新作香水「Vaara(ヴァーラ)」はストレートなオリエンタル系フローラル。

ペンハリガン(Penhaligon’s)の待望の新作香水、「Vaara(ヴァーラ)」がリリースされます! ロンドンでは今週から発売開始。 ストーリーが「他とは違う」と言われるペンハリガン新作「Vaara」。マハラジャの...
ペンハリガン(Penhaligon’s)

マーガレット サッチャーが愛した香り、Penhaligon’sの香水「Bluebell」とは

マーガレット サッチャーが愛した、Penhaligon's(ペンハリガンズ)の香水「Bluebell」というフレグランス。 4月8日、英国の元首相、マーガレットサッチャーが亡くなりました。 生きているうちから歴史の教科書で何...