優しい粉とムスク香る『ディオラムール』ディオール

『ディオラムール(Dioramour)』 クリスチャン ディオール(Maison Christian Dior) クリスチャンディオール(Christian Dior)

たなたろです。ふんわりパウダリーなメゾン クリスチャン ディオール(Maison Christian Dior)の香水『ディオラムール(Dioramour)』を肌に乗せて試した口コミ・感想レビューです。

『ディオラムール(Dioramour)』の香り

粉。とてもパウダリー。そんな香りがこの『ディオラムール』であります。粉好きはぜひチェックした方が良いですね。

Dior + Amour(フランス語で“愛”の意)という造語が名前になっていて、「胸が高鳴る恋の情熱」を表現した香りだそうです。

トップからアイリスのパウダーがしっかりたっぷりと出ており、大変ムスキーでもあります。水分よりもさらっと乾燥した粉感ですよね。石鹸のようでもあり、清潔感があります。ふわふわとした浮遊感があり、優しく、柔和で、労りとか思いやりとか、そんなキーワードが浮かびます。作品タイトルとイメージが結びつきやすいですね。

アイリスだけでなくジャスミンもそのパウダリーさを強調しており、その他色々な花の雰囲気を感じ取ることができます。

ほぼ全体的にこのパウダリーノート一色で時間が流れ、ラストはほんのりとした甘さとともに、アンバー調に落ち着きます。

調香師は専属のフランソワ ドゥマシー(Francois Demachy)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました