『プルミエ フィグエ エクストレーム(Premier Figuier Extreme)』ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)

Premier Figuier Extreme L'Artisan Parfumeur ラルチザンパフューム(L’Artisan Parfumeur)

たなたろです。 ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur) の香水『プルミエ フィグエ エクストレーム(Premier Figuier Extreme)』を肌に乗せて試香した口コミ・感想レビューです。

『プルミエ フィグエ エクストレーム』は2004年発売。私は2005年頃に初めて購入し、それから何度かリピート買いしています。今も自宅にボトルが1本あります。

その位気に入っていると言うのもありますし、他に代替できるフレグランスがほぼ無いんですよね。

『プルミエ フィグエ エクストレーム』は確か初めて本格的なフィグをフィーチャーしたニッチフレグランスでしたが、後続の別メゾンのフィグ系香水はそれはそれでまた違ったものになっています。

『プルミエ フィグエ エクストレーム』は濃厚なフィグ(イチジク)。フィグの葉から実から木まで、全て味わい尽くすための、フィグ好きのためのフレグランスです。

フィグ系の中でも一番ファンが多く、かつ濃厚でラグジュアリーな逸品ではないでしょうか。

個人的に最も似た香りと言えば、少しカジュアル、ユニセックスに寄ったディプティック(Diptyque)の『フィロシコス(Philosykos)』を挙げておきたい所です。

『プルミエ フィグエ エクストレーム(Premier Figuier Extreme)』ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)の香り

『プルミエ フィグエ エクストレーム』の香りは、トップ~ラストまで、全体通してフィグが大変強く香っています。もう名前の通り。

イチジク、イチジク、イチジク、サンダルウッド、イチジク、イチジク、サンダルウッド…

なのかと思う程、イチジク(フィグ)を重ねます。

『プルミエ フィグエ エクストレーム』にはココナッツミルクが入っており、イチジクの「甘くもったりした重たさ」を十分に堪能できます。

トップからラストまで一貫してフィグなのですが、トップのみずみずしさから、ラストのクリーミーさや落ち着き加減は、まるで沢山のフィグを口に頬張って、食べ終えるまでを表したかの様にも思えます。

『プルミエ フィグエ エクストレーム』は年齢性別シーン関係無く、全方位使えます。

後は使う側の好み。フィグのクリーミーさはフローラルのパウダリーさにも通じますので、その辺りが苦手な方はかなり苦手かも知れません。

もう少しライトなフィグでいいな、と思う方は、例えば別のフレグランスメゾンになりますが、ニコライ(Nicolai)の 『フィグティー(Fig Tea)』などはお好みではないかと。こちらはフィグの香りをさせたお茶の様な軽めで明るい香りです。

トップノート

『プルミエ フィグエ エクストレーム』はトップからいきなりフィグです。青さやフルーティな酸味を感じさせます。

  • ハリエニシダの花
  • イチジクの実
  • ホワイトフローラル

ミドルノート

ミドルも継続してフルーティなフィグですが、そこにドライフルーツの甘さ、アーモンドミルクのクリーミーさが表れだし、次第に重さが出てきます。

  • イチジクの実
  • ドライフルーツ
  • サンダルウッド
  • アーモンドミルク

ラストノート

ラストもフィグなんですが、ココナッツミルクで更にクリーミーさが増します。そして終盤は静かにサンダルウッドで締めます。

  • マツ
  • ココナッツミルク
  • サンダルウッド

調香師は、ラルチザンと言えばやっぱりドゥショフール(Duchaufour)氏。

『プルミエ フィグエ エクストレーム』の発売は2004年。調香師はラルチザンパフューム(L’Artisan Parfumeur)で調香を長い事担当している、ベルトラン ドゥショフール(Bertrand Duchaufour)氏。ラルチザンでは他の香水『モン ニュメロ9(Mon Numero 9)』などを手掛けています。

調香師のキャリアとしては中堅どころといった印象で、
一番古くても98年頃から活躍しています。

アクアディパルマ(Acqua di Parma)や、ディファレントカンパニー(The Different Company)など、基本的にフレグランスメゾン(ニッチライン)でずっとキャリアを積んできたお方。

コメント

タイトルとURLをコピーしました