『ル シープル デュ ニル(Le Chypre du Nil)』シロ(CIRO)

Le Chypre du Nil CIRO シロ(CIRO)

たなたろです。シロ(CIRO)の香水『ル シープル デュ ニル(Le Chypre du Nil)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

画像出典:meinduft.de

『ル シープル デュ ニル(Le Chypre du Nil)』の香り

『ル シープル デュ ニル(Le Chypre du Nil)』の香りは、淡いローズにドライフルーツの甘さをアクセントとしたオリエンタルなフローラルです。

トップは酸味を放つカラブリアンベルガモットに加え、花椒(カショウ)やワームウッドのハーバルなカプサイシン風のスパイスが香ります。

この酸味や辛さはそれほど強いものではなく、長くも続かず、すぐに柔らかい甘さへ変わっていきます。酸味はそのままエレミのそれに引き継がれます。オリエンタル調ですね。

ミドル以降のメインはローズ。ローズの柔らかい甘さを強調するのが、煮詰めた様なドライフルーツ。結構最初の辺りから、ツンとしたハニーっぽいドライフルーツの甘さが目立ちますね。このローズ+ドライフルーツの香調がかなり長い事続いていきます。

ラストは静かにパチュリやアンバーが香ります。

シロ(CIRO)は初期6作品のうち4作品ほどがローズ香が比較的前に出てくるもので、この『ル シープル デュ ニル』もその一つ。ただし冒頭のスパイスやドライフルーツがオリエンタル風味を強めており、ユニセックスな香りとして楽しめます。

私の周りでは、シロ(CIRO)の作品のうち、女性人気が高いのがこの『ル シープル デュ ニル』ですが、男性も勿論行けると思います。

2018年発売。調香師はアレクサンダー カーリン(Alexandra Carlin)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました