『ルール ロマンティック(L’Heure Romantique)』シロ(CIRO)

ciro ルールロマンティック シロ(CIRO)

たなたろです。王道フローラルがカラメルの甘さに変わる…と言う、ありそうで中々無い香りがこちら。

シロ(CIRO)の香水『ルール ロマンティック(L’Heure Romantique)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。
『ルールロマンティック』をセンテンティアで購入する

『ルール ロマンティック(L’Heure Romantique)』の香り

『ルール ロマンティック(L’Heure Romantique)』の香りは、穏やかな程よいフルーティフローラルです。エストネーションの店頭で聞いたのは、女性に最も人気の香りとの事でした。

香りはちょっと変わっていて、トップはピンクグレープフルーツの酸味はほどほどに、甘くフルーティなスイカに、甘さとわずかな酸味を持つブルガリアンローズ、甘く少しパウダリーなシクラメン、そして青みを感じさせるオーキッド、アイリス、そして清潔感を感じさせるシトラス寄りの酸味が涼しいスズラン等々のブーケです。

全体的にフローラルである以上にフルーティで甘く、瑞々しさがあり、若々しさとか可愛らしさと言った言葉が浮かびます。日本では女性に人気なのも納得。

ラストはフルーティさに呼応するように柔らかいベチバーと共に、煮詰めたカラメルの様なブルボンバニラの甘さが溶けていきます。瑞々しいフローラルブーケからのこの展開は少々意外性があって面白いです。

CIROの最初の6種の香りの中でフルーティフローラルとして取っつきやすい立ち位置かと思いますが、老若男女行けますし、CIROの香りの中でまず最初に試したい入門編と言えますね。

2018年発売。調香師はアレクサンダー ストレック(Alexander Streeck)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました