『マスケ(Maskee)』シロ(CIRO)

CIRO Maskee シロ(CIRO)

たなたろです。シロ(CIRO)の香水『マスケ(Maskee)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

画像出典:randewoo.ru

『マスケ(Maskee)』の香り

『マスケ(Maskee)』の香りは、生花の様なイランイラン、アイリス、ジャスミンですね。

トップはベルガモットの様な清涼感を見せる程の、イランイラン、アイリス、ジャスミン。グリーンで強い渋みがあり、生花っぽさを生生しく力強く表現しています。まるでこれらの瑞々しい生花を数多く揃えたフラワーショップにでも入り込んだかの様です。

香り全編通してシングルノートに近く、つまりこのグリーンフローラルブーケが最初から最後まで香り尽くす形となります。ありそうであまり見ない香調かも知れません。

ミドル以降はハニーやバニラがバックグラウンドでほのかに香りますが、イランイラン達の共演を邪魔しない程度に、雰囲気付け程度に淡く香るぐらいですかね。

また後半は生花のグリーンな元気の良さは残しつつも、落ち着いたシダーウッドのウッディが花の生っぽさを打ち消しており、全体として少し洗練されたテイストに。

グリーンフローラルが好きな人は大好きな香りかと思います。フローラルが苦手な男性なんかもこれはぜひ挑戦してみて欲しいですね。

2018年発売。調香師はアレクサンダー ストレック(Alexander Streeck)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました