『パレジャメ(Palais Jamais)』エトロ(Etro)

Palais Jamais Etro エトロ(Etro)

たなたろです。エトロ(Etro)の香水『パレジャメ(Palais Jamais)』を肌に乗せて試した口コミ・レビューです。

『パレジャメ(Palais Jamais)』の香り

『パレジャメ(Palais Jamais)』の香りは、アロマティックなシトラスウッディ。

とても強いベルガモットから始まる香り立ちで、プチグレインやマンダリンオレンジがシトラス感を急き立てています。

と思ったらシトラスは割と早く飛散してゆき、スモーキーなベチバーを長きに渡って味わえる様に。

この視界全体に薄く靄をかける様なスモーキーさはセージ、オークモス、バーチなどのハーブとウッディです。次第にムスキーになっていきます。

男性が好みそうな香り立ちですが、癖も特になく、割と老若男女いける香りなんじゃないかな。

1989年発売。

コメント

タイトルとURLをコピーしました