『プレイング ウィズ ザ デビル(Playing with the Devil)』バイキリアン(By Kilian)

By Kilian Playing with the Devil バイ キリアン(By Kilian)
スポンサーリンク

たなたろです。バイキリアン(By Kilian)の香水『プレイング ウィズ ザ デビル(Playing with the Devil)』を肌に乗せて試した口コミ・感想レビューです。

『プレイング ウィズ ザ デビル(Playing with the Devil)』の香り

とてもフルーティ。メインは桃。

ピーチ、ライチ、ブラックカラントなどのカシス系やブラッドオレンジの酸味が長く続く逸品。加えてどこかややグリーンぽくもあります。恐らくですがピメント(唐辛子)かな。

バイキリアン(By Kilian)の他の香水のフルーティ系と少しだけ違うのが、ベンゾインなどの樹脂香やウッディ調のアコードも含まれている事。だから少し土っぽさや重さの様な雰囲気が漂います。

百貨店の販売員の方と話した時は、「アニマリック」と言っていましたが、いわゆるレザー調やシベットやカストリウムと言った動物香料の類ではなく、ムスクとかアンバー寄りのフルーツと解釈できそう。

後半にかけてローズやジャスミンが出るのでやや粉っぽくなります。この辺りが好きな女性は多そうですね。

ラストは落ち着いた石鹸の様なフローラルとパチョリ、サンダルウッドで締め。サンダルウッドは特に目立ちますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました