『スミルナ(Smyrna)』

Smyrna Le Couvent des Minimes クヴォン デ ミニム(Le Couvent des Minimes)

たなたろです。クヴォン デ ミニム(Le Couvent des Minimes)の香水『スミルナ(Smyrna)』を肌に乗せて試香した口コミ・感想レビューです。みずみずしくスパイシーなローズです。『スミルナ(Smyrna)』はパルファム リマーカブル(Parfums Remarquables)シリーズの1つ。

『スミルナ(Smyrna)』の香り

『スミルナ(Smyrna)』の香りはクリアで青みがかったローズです。

トップからローズを中心としてシトラス、カルダモン、ブラックペッパーなどのスパイス、あと樹脂っぽさが一気に来ますね

ローズもパウダリーなそれで、他のフローラルノートも含むのかも知れません。

ラストまで『スミルナ』のローズは続き、甘くもならず、朝摘みしたようなみずみずしいローズと、ベチバーなどのウッディが下の方に沈殿している様な雰囲気です。

全体通して「ローズ」なのですが、可愛らしいと言うより元気なローズなんですよね。

香りもそこまでドラスティックに変化するものでは無く、シングルノートみたいに変化が少ないのも『スミルナ』の特徴(シングルノートは言い過ぎですが)。多様性を持つ香料を含んでいながら全体的にシンプルに感じます。

結構、男性も行けるローズなのかも

スパイシーに味付けもしてあるので、『スミルナ』は結構男性も行けるかも知れません。私は男性ですがムエットがスパイスが強かったので買ったんですけど、肌につけてみると完全にローズの方が強かったんですよね。

普通はここで、外出できんなこれとか思っちゃうんですが、これは青みがかったローズなので普通にお外に付けて出て見ようかと思います。笑

『スミルナ』は2018年発売の香り。

コメント

タイトルとURLをコピーしました