『辻が花(Tsujigahana)』アールフレグランス(R Fragrance)

Tsujigahana R Fragrance アールフレグランス(R Fragrance)
スポンサーリンク

たなたろです。アールフレグランス(R Fragrance)の香水『辻が花(Tsujigahana)』を肌に乗せて試した口コミ・感想レビューです。イランイランの生花+フローラルブーケです。

『辻が花(Tsujigahana)』の香り

『辻が花』の香りの根幹はイランイランです。とても生花っぽい、グリーンなイランイラン。これで着物の柄に使われ実在しない花である「辻が華」を表現しています。

トップのクローブは個人的には割と強く感じたのですが、他の人に意見を聞くと、そこまで感じないみたいです。またブドウもわずかに酸味の様なものを感じますが強くはありません。

『辻が花』はイランイランだけでなく、バイオレットなどもありフローラル色は全体的に強いです。シンプルに「花」でとても良い香りだなぁと思います。女性は大好きじゃないでしょうか。

隠し味として、ブドウの葉、皮などで着物の染料の苦みや、着物の染料の保存料のパウダリーな香りなどを再現したそう。香料の見つけ方が面白いなと思いました。

トップ

  • 葡萄(葉・果皮)
  • イランイラン
  • クローブ

ミドル

  • すみれ

ラスト

  • ヘリオトロープ
  • ムスク
  • 白檀(サンダルウッド)

調香師は村井千尋さん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました