『ブルー ド シャネル(Bleu de Chanel)』シャネル(Chanel)

Bleu de Chanel シャネル(Chanel)
スポンサーリンク

たなたろです。シャネル(Chanel) の香水『ブルー ド シャネル(Bleu de Chanel)』を肌に乗せて試した口コミ・レビューです。

『ブルー ド シャネル(Bleu de Chanel)』の香り

『ブルー ド シャネル(Bleu de Chanel)』の香りは、グレープフルーツ、ジンジャーをメインとし、フゼア調へと変わっていくフレグランスです。

今やシャネルのメンズフレグランスの中心的存在となっていますね。

トップはおいしそうなグレープフルーツやレモン、清涼感あるミント、マリン風の塩気の様なナツメグやピンクペッパー、ジンジャーなどのスパイス香が香ります。これからフゼアが始まるんだなぁと言うのがよく分かります。

全体的にはこのテイストがラスト付近まで続くのですが、じっくりと時間をかけながらサンダルウッドやインセンス、ラブダナムなどのスモーキーなウッディ香が出てきます。

ただし最後の最後まで奥から香る様な控え方をしており、あくまで雰囲気付け。全体はシトラスフゼアです。

2010年発売。調香師は、3代目シャネル専属調香師ジャック ポルジュ(JacQues Polge)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました