『シュヴァリエ ドゥ ラ ニュイ(Chevalier De La Nuit)』シロ(CIRO)

Chevalier De La Nuit CIRO シロ(CIRO)

たなたろです。シロ(CIRO)の香水『シュヴァリエ ドゥ ラ ニュイ(Chevalier De La Nuit)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

画像出典:meinduft.de

『シュヴァリエ ドゥ ラ ニュイ(Chevalier De La Nuit)』の香り

『シュヴァリエ ドゥ ラ ニュイ(Chevalier De La Nuit)』の香りは、パチュリとジャスミンをメインとしたウッディノートです。

トップは酸味をはらんだレモンや苦みの強いビターオレンジが香りつつ、パチュリの樟脳っぽさがすぐそこに来てるのが分かります。マダガスカル産クローブのスパイス感もとても良いですね。

何となく、アルデヒドを伴うクラシックなシプレ調の始まり…かの様に感じる出だしです。

ただシトラスが抜ければそのままパチュリが太く残りますし、そこにジャスミンが効いてる事も分かりやすいでしょう。

サンダルウッドのスモーク、インセンス感やバニラの抑えめの甘さはミドルぐらいには一時的に出てきて、そのまま最後までインセンスの様な味わいで残り続けます。

最後まで残るのはパチュリも同じ。とてもしっかりとしています。

2018年発売。調香師はアレクサンダー ストレック(Alexander Streeck)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました