『コロンビーナ(Columbine)』シロ(CIRO)

Columbine Ciro シロ(CIRO)

たなたろです。シロ(CIRO)の香水『コロンビーナ(Columbine)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

このレビューを書いてる時点ではまだ日本未発売ですが、幸運にもCIROの新作お披露目イベントに参加させて貰えた時に頂いたサンプルを元にしております。

CIROのイベントレポートはこちら

『コロンビーナ(Columbine)』の香り

『コロンビーナ(Columbine)』の香りはオスマンサスを軸としたフローラル。

トップはカラブリアンベルガモットの苦みのあるシトラスが出つつも、すぐにオスマンサスが中心となるフローラルに以降しますね。

オスマンサスが主役と言っても、シトラスやお茶などと絡めて軽さのあるテイストに仕上げる事も多いかと思います。

が、この『コロンビーナ(Columbine)』では、そこにマリーゴールドに近い甘さを持つマンジュギクや、アイリスなどのフローラルが香ります。この辺り、女性が好きそう。

また同時にアクセントになるのがタバコバーボンなるもので、実際どんな香りかは正直知らないのですが、少なくとも「タバコ」のアコードは香ります。あのタバコのピリッとした辛さの様な香りが少しあり、それがオスマンサスの優しい甘さに少し緊張感を漂わせています。

いわゆるオスマンサス系香水に期待される、優しくフレッシュでカジュアルな甘さではないですね。でもそこまで鋭い辛さでもなく。ニュアンス程度とお考え下さい。

ラストはより甘さが強調されるバニラアブソリュートが全面に出てきて、心地よく優しく消えていきます。

CIROの香水全作品に言える事ですが、やはり全体的に淡く穏やかでふんわりした香り立ちが多いですね。別の言い方で言うと、TPOに強く影響しない、使いやすい香りであると言えます。日本で売れるタイプの香りだなと思いますね。

トップ

  • マンダリン
  • カラブリアンベルガモット
  • タバコバーボン
  • マンジュギク

ボディ

  • アイリス
  • ピンクペッパー
  • オスマンサスアブソリュート
  • ネロリ

ベース

  • バニラアブソリュート
  • ベンゾインアブソリュート
  • ベチバー
  • スエード
  • ムスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました