『デクラレーション(Declaration)』カルティエ(Cartier)

Declaration Cartier カルティエ(Cartier)

たなたろです。カルティエ(Cartier)の香水『デクラレーション(Declaration)』を肌に乗せて試した口コミ・レビューです。

『デクラレーション(Declaration)』の香り

『デクラレーション(Declaration)』の香りは、スパイシーなウッディです。

付けた瞬間からスパイスブーケと言うか、カルダモン、コリアンダー、キャラウェイ、ブラックペッパー、シナモン、ジンジャーなどのスパイスの盛り合わせを味わう事になります。

同時にビターオレンジ、マンダリンオレンジの強い酸味が混ざりあって、何とも言えないジューシーで刺激的な香調になります。

更にそこにバーチとベチバーのスモーキーなウッディ香が全体をうっすらと覆っていて、オリエンタルとも言えないし、シトラススパイシーウッディと言うのかな。攻めた香りですね。少しグルマンっぽくも感じますし。

ところがミドル以降に出てくるのはお茶なんですよね。お茶と柔らかいシダー、ヨモギの優しいハーバル香。

少し変わったメンズフレグランスをお探しの方には良いかもしれません。日本だと今はもう手に入りにくくなってしまっていますので、並行輸入が良いでしょうね。

1998年発売。調香師は著名なジャン=クロード エレナ(Jean-Claude Ellena)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました