『タムダオ(Tam Dao)』

Diptyque Tam Dao ディプティック(diptyque)
スポンサーリンク

たなたろです。ディプティック(Diptyque)の香水『タムダオ(Tam Dao)』 を試香した口コミ・感想レビューです。オードパルファム版です。シンプルに「サンダルウッド」と言えます。

『タムダオ(Tam Dao)』 の香り

ディプティック(Diptyque)『タムダオ(Tam Dao)』はシンプルなウッディ調の香り。何かと冒険しがちなニッチフレグランスにしては珍しいかも知れません。 これサブタイトルは「サンダルウッド」でもいいかも知れませんね。

実際に香りもローズウッド、サイプレス、ゴア サンダルウッドをシンプルに混ぜた様です。もちろんメインがその3つって話で、他にも微調整がてら沢山入ってると思います。

『タムダオ』のトップはライムがうっすら香りますが、すぐに「木」の香りへ移行します。そこにジンジャーのスパイシー香が薄く上塗りされている形になります。

この記事は『タムダオ』のオードパルファム版のレビューですが、基本、『タムダオ』のオードトワレ版もライムやジンジャーがないだけで根幹は似ています。

シャネル『エゴイスト』に似ている

シャネルの『エゴイスト(Egoiste)』辺りが好きな人は『タムダオ』のストレートなウッディは好きじゃないでしょうか。『エゴイスト』の方がマンダリン→サンダルウッドやローズ→バニラなど味付けが幅広いものの、サンダルウッドメインです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました