本気のキンモクセイ香る『エトワール フィラント』ルイ ヴィトン

『エトワール フィラント(Étoile Filante)』 ルイ ヴィトン(Louis Vuitton) ルイ ヴィトン(Louis Vuitton)の香水

ついにヴィトンがキンモクセイの香りに手を出した—と香水業界がざわついた、ルイ ヴィトン(Louis Vuitton)の『エトワール フィラント(Étoile Filante)』を肌に乗せた口コミ・感想レビューです。

『エトワール フィラント(Étoile Filante)』の香り

ルイヴィトンの香水の特徴はなんと言っても、奇をてらわない、素材の質、豪華さ直球を投げつけるスタイルにあります。オスマンサスをメインにすると決めたら、世界でも最高級素材のオスマンサスアブソリュートを探してくるか、自社栽培、自社精製してしまうという様式なのです。

今回の『エトワールフィラント』も例に漏れず、やはり中国産オスマンサスの非常に濃厚、リッチな精油をかなりの濃度で使用。さすが…としか言えませんでした。笑

さてオスマンサスアブソリュートは、キンモクセイのフルーティな透明感がありながら、誤解を恐れずに言えばゴムっぽい、ややスモーキーな雑味があるんですね。精油の綺麗な部分だけ使うブランドもあるでしょうが、ヴィトンはそう言う部分も「味」として出してしまうんだなぁと感じました。その自信に満ち溢れた姿勢がまた良いのです。

『エトワールフィラント』は香りの変化も少なく、直球のキンモクセイを中心に、トップではいちごがそのフルーティさを強調する重要な役割を与えられています。でもそれはお菓子などの「イチゴフレーバー」なものではなく、その後に続く中国産マグノリアやグラース産ジャスミンといったフローラルブーケを少しだけカジュアルに、少しだけ可愛らしくしてくれるバランサーでした。

全体的にはアクアティックな、透明感ある雰囲気も感じられます。これって多分どこに纏って行っても好感度の高まる香りな気がしています。濃度は高いはずなんですが、非常に軽やかに感じますし、嫌味が全くない類の香りなんですよね。軽やかではありますがかなりの時間、香りが継続してくれるのも嬉しいポイントだなと感じます。

調香師はヴィトンのインハウスパフューマーでお馴染み、ジャック・キャヴァリエ=ベルトリュード(Jacques Cavallier Belletrud)氏。

コメント

タイトルとURLをコピーしました