『グッド ガール ゴーン バッド(Good Girl Gone Bad)』バイキリアン(By Kilian)

By Kilian Good Girl Gone Bad バイ キリアン(By Kilian)
スポンサーリンク

たなたろです。バイ キリアン(By Kilian)の香水『グッド ガール ゴーン バッド(Good Girl Gone Bad)』を肌に乗せて試した口コミ・感想レビューです。

『グッド ガール ゴーン バッド(Good Girl Gone Bad)』の香り

『グッド ガール ゴーン バッド(Good Girl Gone Bad)』の香りはシトラスのトップから始まりすぐにローズ、オスマンサスと言った甘いフローラルや、ジャスミン、インディアンチュベローズ、スイセンと言ったホワイトフローラルな甘さまで、基本的には甘いフローラルです。

同時にアプリコットなどのジューシーなフルーツ香がとても強く出ています。

ミドルでややクリーミーさが出てきます。ココナッツやフィグかな?と思って店員さんに聞いて見たことがあるけどそう言った香りは、スタッフ間で共有される資料も含めて、確認できないと。

ココナッツなどでないとすると、んー、チュベローズかな。それかアプリコットのラクトン(ピーチやココナッツ特有のフルーティでクリーミーな香気成分)かも知れません。

ラストのアンバーやシダーなどのウッディまではかなり時間があり、ほぼほぼ全体的にフルーティフローラルです。

『グッド ガール ゴーン バッド(Good Girl Gone Bad)』はバイキリアン(By Kilian)の香水の中で最も売れていると言うのもうなづける、カジュアルなフルーティさとフローラルの華やかさがとても分かりやすい、けれども濃密な香り立ちです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました