ローズ香るシプレ香水『グリ ディオール』ディオール

『グリ ディオール(Gris Dior)』メゾン クリスチャン ディオール(Maison Christian Dior) クリスチャンディオール(Christian Dior)

多なたろです。メゾン クリスチャン ディオール(Maison Christian Dior)の香水『グリ ディオール(Gris Dior)』を肌に乗せた口コミ・感想レビューです。

『グリ ディオール(Gris Dior)』の香り

『グリディオール』はいわゆるフローラルシプレという系統の香りで、華やかなローズを主柱にパチョリやオークモスなどで構成した土っぽいシプレ調です。華があるように感じられる香りでありながら、よく見ると土、苔のベースが香る、1トーンダウンしたような雰囲気がありますね。

シプレ調の香りをよく知る方からすれば、とても古典的な香りなのではと思ったかも知れませんが、柑橘や樹脂などその他の要素はほぼ見られず、実に現代的なシプレです。

『グリディオール』を肌へ吹きかけると、トップからまず香るのがやはりパチョリです。それもかなり土っぽい、精油じゃないかと思うほどのパチョリ。実際ここまでリッチなパチョリなら天然香料ではなかろうかと。

中核となるローズがまた芳醇で、硬いパチョリやオークモスのアーシーさを包み込み和らげています。MCDのラインナップの中でもあまり無いタイプで、クラシカルな雰囲気をまとうローズシプレを楽しむ作品ですね。

ラストはバニラのような甘さをまといつつ、ベースとなるアンバーや土や苔とともに安らかに消えて行きます。

調香はMCD専属で辣腕を振るうフランソワ ドゥマシー(Francois Demachy)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました