『ギモーヴ ド ノエル(Guimauve de Nöel)』パルル モア ドゥ パルファム(Parle Moi de Parfum)

Guimauve de Nöel Parle Moi de Parfum パルル モア ドゥ パルファム(Parle Moi de Parfum)
スポンサーリンク

たなたろです。パルル モア ドゥ パルファム(Parle Moi de Parfum)の香水『ギモーヴ ド ノエル(Guimauve de Nöel)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

『ギモーヴ ド ノエル(Guimauve de Nöel)』の香り

『ギモーヴ ド ノエル(Guimauve de Nöel)』の香りは、もうそのまんまギモーヴ(フランス発のマシュマロ)です。日本でもコンビニなどで売ってますよね。あれもフランス本国のギモーブに割と近いです。食べた事のある人も多いでしょう。そんなギモーブを模した、新しい形のグルマン系香水が『ギモーヴ ド ノエル』です。

マシュマロの柔らかい生地の甘さをキャラメルバニラで、表面のパウダーをハーバルなリコリス(カンゾウ/甘草)で、ほのかなフルーツ香をオレンジブロッサムで再現しています。

グルマン系香水にも色々あり、バニラを強調したもの、スパイシーさを足したもの、煮詰めたキャンディの様な味わいのもの、様々です。この『ギモーヴ ド ノエル』は質感の再現にこだわったかの様で、リアルです。面白い。

基本的にはシングルノートと言ってよく、ほぼこのままトップからラストまで進みます。ラストに行くに従い、バニラが残るかなと言うもの。美味しそうだけど甘すぎないグルマンの新しい形です。秋冬も楽しいでしょうし

調香師はジェームス ヒーリー(James Heeley)。

2016年発売。調香師はミシェル アルメラック(Michel Almairac)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました