ローズと桃が香る『ラ コル ノワール』ディオール

『ラ コル ノワール(La Colle Noire)』メゾン クリスチャン ディオール(Maison Christian Dior) クリスチャンディオール(Christian Dior)

たなたろです。メゾン クリスチャン ディオール(Maison Christian Dior)の香水『ラ コル ノワール(La Colle Noire)』を肌に乗せて試した口コミ・感想レビューです。

『ラ コル ノワール(La Colle Noire)』の香り

こちらはメゾン クリスチャン ディオールの中でもフルーツ系に寄せた香りで、日本人が大好きな桃がそのキーノートの1つになっています。

『ラ コル ノワール』を肌に乗せると、もっとも強く出るのはみずみずしいメイローズ。

ヴィトンの『ローズ デヴァン』とも相通ずるようなふくよかなローズで、ピーチのような少しクリーミーなフルーツ香を携えたローズなんですね。そこに桃やラズベリー、ブラックカラントといったフルーツ盛り合わせで補強したのがこの『ラコルノワール』。

ピーチのラクトニックな匂いもラズベリーの冷たく甘いジュースも、カシスの酸味もそれぞれ出すぎず、薄すぎずといった丁度な塩梅でメイローズを美味しそうに引き立ててくれます。

フルーツの隣にはキラキラとしたスズランが香り、これらは時間が経つと少しずつねっとりとしたキャンディっぽい酸味と甘さが滲み出てきます。この辺りはピオニーやヘリオトロープの甘くパウダリーなフローラルブーケとの掛け合わせで生まれた香りのようです。可愛らしく楽しげなフルーティフローラルの教科書のような作品。

香りのクリエーションはディオール専属調香師、フランソワ ドゥマシー(Francois Demachy)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました