『ロー スーパー マジュール ドゥイッセイ(L’Eau Super Majeure d’Issey)』イッセイ ミヤケ(Issey Miyake)

L'Eau Super Majeure d'Issey Issey Miyake イッセイミヤケ(Issey Miyake)

たなたろです。イッセイミヤケ(Issey Miyake)の香水『ロー スーパー マジュール ドゥイッセイ(L’Eau Super Majeure d’Issey)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

画像出典:isseymiyake.com

『ロー スーパー マジュール ドゥイッセイ(L’Eau Super Majeure d’Issey)』の香り

『ロー スーパー マジュール ドゥイッセイ(L’Eau Super Majeure d’Issey)』の香りは、いわゆるマリン系やアクア系です。

水の透明感を感じる瓜っぽさをメインとし、海水の塩っぽさ、渋みや灰汁の様な雑味まで、少しリアルに寄せたのかなと思える塩辛さがあります。

古くはブルガリの『アクア』が海藻のアコードを使い、この系統が確立された様に思います。

カジュアルなフゼアっぽく、メンズのデザイナーズ系によくある系統ではあるので使いやすい香りです。バランスもよく、スモーキーさやウッディさも複雑に含めながら特定の要素がこれだけ丸く綺麗なバランスを取るのは凄い事。

個人的に購入する事はないのですが、サンプルがあるのでたまに使っており、綺麗な香りだな、と感じてます。シンプルなメンズ香水が好きな方にはお勧め。

2018年発売。調香師は2名のタッグで、ケンゾー(Kenzo)の香水『マドリー ケンゾー!(Madly Kenzo!)』を手掛けたオーレリエン ギシャール(Aurelien Guichard)と、ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)の香水『オー ボー ド ロー(Au Bord De L’eau)』などを手掛けたファブリス ペレグリン(Fabrice Peregrine)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました