『リキッド(Liquide)』リキッドイマジネ

liquide-liquides-imaginaires リキッドイマジネ(Liquides Imaginaires)
スポンサーリンク

たなたろです。2020年、イセタンサロンドパルファンの裏側で行われていた通称「裏サロパ」こと「La touche finale parfumée」がGinza Sixにて開催されました。そこで先行販売されていたのがこのリキッドイマジネ(Liquides Imaginaires)の新作『リキッド(Liquide)』です。スエードを基調としたクールな作品でした。めちゃくちゃかっこよかったのでその場で購入。肌に乗せた口コミ感想レビューです。

『リキッド(Liquide)』の香り

買いました。

中心となるのはスエードです。

肌に付けたトップではベルガモットのジューシーな酸味と共にブラックペッパーやカルダモン、サフランなどのスパイスが弾けます。

ほどなくしてスエードの香りに加え、メタリックなアコードやオゾンノートのクールな面が見えてくるのですが、スパイスやフローラルがあるからか思ったほどケミカルには感じません。でもこの組み合わせは不思議ですね。炭酸が弾けた香りの様にも感じます。オリエンタルではないスパイシーレザー調でもあり、ウッディ調でもありと、多面的に感じますね。

作品名は『リキッド』ですが、シルバーをテーマとしたひんやりとしたクールさと、燃える様なスパイスのコントラストがはっきり見える作品。

『リキッド』調香師はニッチ系で活躍する人

調香師はアン ソフィー ベヘゲル(Anne-Sophie Behaghel)。同じリキッドイマジネ(Liquides Imaginaires)では他に『ラクリマ(Lacrima)』、『ファンタズマ(Phantasma)』などを手掛けています。その他Room1015やオーケストラパルファム(L’Orchestre Parfum)などニッチ系のフレグランスメゾンで手腕を発揮してきた方です。この方の作品はNose Shopを中心に割と日本に入って来ており、触れる機会は少なくないと思います。

2020年発売。100mLで38,500円(税込)。シルバー925にちなんで世界限定925本、シリアルナンバー入りです。ただしシリアルナンバーはボトルではなくボックスの方に入っているので、購入された方は大事に取っておいた方が良いかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました