『パチュリ(Patchouly)』エトロ(Etro)

Patchouly Etro エトロ(Etro)
スポンサーリンク

たなたろです。エトロ(Etro)の香水『パチュリ(Patchouly)』を肌に乗せて試した口コミ・レビューです。

『パチュリ(Patchouly)』の香り

『パチュリ(Patchouly)』は名前通りアロマでもおなじみパチュリを題材にした香りです。

香りはそのまんまパチュリと言う様なもので、墨汁とかに例えられる、あのパチュリでした。

と言ってしまえばそれまでなのですが、このパチュリをよりパチュリらしく、硬質でクールなウッディの代表格であるパチュリに、サイプレスやヨモギなどでグリーンやハーバル香を足す事で硬質でクールなパチュリ感を強調した様な作品です。なので実際にパチュリの精油と比べると厚みが全然違います。

同時にトップのベルガモットもマンダリンも、ミドルのゼラニウムやローズも、ラストのアンバーやサンダルウッドやバニラの甘さなどもあからさまにそれとわかる様な目立たせ方はしていません。

あくまでパチュリに対して添えられた雰囲気役なんですね。でもこれらが無いとこう言う香り方はしないです。

この香りを気に入る人は、当然ながらパチュリが好きな人、ウッディが好きな人、あとレザーの香りが好き人などが挙げられそうです。

パチュリはウードなどと同じく、少しアニマリックな性格を持つものがあって、その辺りが好きな人はこの『パチュリ』の香りは気に入るかもですね。

コンセプト的には同じエトロ(Etro)の『サンダロ(Sandalo)』と同じで、1つの素材をよりそれらしく仕立てると言うものかと思います。

エトロ(Etro)以外ではアールフレグランス(R Fragrance)の『ジャスミンジャスミン』がジャスミンのシングルノート風に(他の香料が敢えて目立たない様に)、仕立てられています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました