『誰からも愛されるローズ公爵夫人(The Coveted Duchess Rose)』

Penhaligons The Coveted Duchess Rose ペンハリガン(Penhaligon’s)
スポンサーリンク

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水『ローズ公爵夫人(The Coveted Duchess Rose)』を肌に乗せた口コミ・感想レビュー。

『誰からも愛されるローズ公爵夫人(The Coveted Duchess Rose)』の香り

ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水のポートレート(Portraits)シリーズの一つ、『誰からも愛されるローズ公爵夫人(The Coveted Duchess Rose)』。2016年発売。

とてもシンプルなローズで、トップのマンダリンと同時にローズが香ります。これがほぼこのフレグランスのメイン。ムスクやウッディがラストにほのかに香りますが、香り立ちも全体的に強くはありません。

余談ですが、イギリス本国ではこの香りの人気が高いようです。キャラ的にも「誰からも愛される」ですし、ペンハリガンも過去に何作品も出して来たローズ香ですし、往年のファンからライトユーザーまで売れるんでしょうね。

調香師はクリストフ レイノー

調香師はクリストフ レイノー(Christophe Raynaud)。作品例は以下の通り、マスマーケット専門の様です。

  • パコラバンヌ(Paco Rabanne)の香水『One Million)』
  • ジャンポールゴルチエ(Jean Paul Gaultier)の香水『スキャンダル(Scandal)』
  • ティエリーミュグレー(Thierry Mugler)の香水『オーラ(Aura)』
  • アザロ(Azzaro)の香水『クロム レジェンド(Chrome Legend)』

コメント

タイトルとURLをコピーしました