『純真ないとこ、フローラ(The Ingenue Cousin Flora)』

The Ingénue Cousin Flora Penhaligons ペンハリガン(Penhaligon’s)

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水『純真ないとこ、フローラ(The Ingenue Cousin Flora)』を肌に乗せた口コミ・感想レビュー。

『純真ないとこ、フローラ(The Ingenue Cousin Flora)』の香り

ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水のポートレート(Portraits)シリーズの一つ、『純真ないとこ、フローラ(The Ingenue Cousin Flora)』。2019年発売。

香りはシンプルにシトラスから始まり、ほぼ全体的にシトラス香で成立しています。アンブロクサンなどややメタリックに思えるアンバー香もありますが、まあ通して言えるのはシトラスかな。

ムエットで嗅いだ程度だとベルガモットか何かのほのかな苦みがあって、これが緑茶の渋みの様にも感じますが、実際に肌に乗せるとお茶の感じはありません。ひたすらシトラス香を感じるかと思います。

ポートレートシリーズの登場人物の同じ”いとこ”同士の『マシュー(The Impudent Cousin Matthew)』もマンダリンとプチグレンのシトラス調で、敢えて似せたのだなと感じました。こちらの方はアンバーの甘さがあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました