『ザ タイム|現在』ハウス オブ ウード

The time the house of oud ハウス オブ ウード(The House Of Oud)

たなたろです。ハウス オブ ウード(The House Of Oud)の香水『ザ タイム|現在(The Time)』を肌に乗せて試した口コミ感想・レビューです。

『ザ タイム|現在』の香り

『ザ タイム|現在』はとても綺麗な紅茶の香りです。

トップはベルガモットがパッと弾け、明るく綺麗なアールグレイティーの香りの始まりを予感させてくれます。すぐに淹れた紅茶の香りが長く続きます。ベルガモットが主役でいる時間が意外と長い。お茶の香りって基本的には持続時間が短めなんですね。ベルガモットもそう。だからこそ、トップが意外と長い時間香っているので、全体的に香りが長続きするんだろうな、とちょっと得した気になります。笑

『ザ タイム』は烏龍茶も入っているようで、確かに紅茶から次第に「お茶」な香りに中和されていきます。とても直線的でわかりやすい、我々のよく知る「お茶」な香りですね。

その他『ザ タイム』にはニガヨモギやブルーカモミールなどの要素もわからないことも無いのですがその辺りはとても控えめ。アイリスもムスクも、あまり分かりません。だからこそ日常使いしやすい香りです。

このぐらいストレートな紅茶の香りでいえば、shiroの限定香水『アールグレイ』がありますよね。Shiro『アールグレイ』はもっともっとシンプルに紅茶です。そしてやや甘い。甘くない茶葉感で言えば『ザ タイム』の方ですし、持続時間も『ザ タイム』の方が長いです。あとはお好み。

価格は2種類

shiro『アールグレイ』は40mLで4,180円(税込)ですが限定で、定番化すると発表がありましたがそれでも中々手に入りません。

一方こちらの『ザ タイム』は7mLで9,350円(税込)、75mLだと30,250円(税込)と少々お高いのですが、両方試した結果持続時間や複雑さはやや『ザ タイム』に軍配。

よく売れてるらしい

ハウスオブウードの『ザ タイム』、Nose Shopの店頭でもウェブサイトでも、いつ見ても売れ行きのトップ3に入っています。昔からそうなんですよね。そして入荷待ちが多く、まあ大抵は普通に買えるのですが、一旦入荷待ちになるとしばらくは手に入りにくくなります。気になってるなら即買っておく方が良いかと。

コメント

タイトルとURLをコピーしました