『ジ アンコンプロマイジング ソーハン(The Uncompromising Sohan)』

The Uncompromising Sohan by Penhaligon's ペンハリガン(Penhaligon’s)

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水「ポートレートコレクション(Portraits Collection)」シリーズの『ジ アンコンプロマイジング ソーハン(The Uncompromising Sohan)』を肌に乗せた口コミ・感想レビュー。

『ジ アンコンプロマイジング ソーハン(The Uncompromising Sohan)』の香り

『ジ アンコンプロマイジング ソーハン(The Uncompromising Sohan)』の香りを系統立てするなら、スパイシーウッディですね。

トップから強烈に香るサフランなどのスパイス。同時にトップからウードが強く香ります。

ひとつまみのピンクペッパーの酸味がわずかなカジュアル感を添えています。

ポートレートシリーズではあまり想像出来ない強めのオリエンタルな香り立ちです。

また、奥にローズの甘さが見え隠れしています。ラストまでウードは続き、サンダルウッドやベチバー、ラブダナムなどが土台を固めています。

それにしてもサフラン、ほんとラストまで続きますね。ローズも少しずつ強く出てきますがそれよりも常にずっと前にいる。当然敢えてそうしたのでしょう。オリエンタル感を前面に押し出したかったのが分かります。

このスパイシーな部分は日本だと正直どうなのかは分かりませんが、ウード+ローズと言う構造はとても多いので、案外とっつきやすいかも知れません。

調香師は不明。海外でも特に公表ジャンクロードエレナ(Jean Claude Ellena)説をどこかで見ましたが、見つからず。

コメント

タイトルとURLをコピーしました