『ラグーナの庭(Un Jardin Sur La Lagune)』エルメス(Hermes)

Un Jardin Sur La Lagune Hermes エルメス(Hermes)

たなたろです。エルメス(Hermes)の香水『ラグーナの庭(Un Jardin Sur La Lagune)』を肌に乗せて試した口コミ・レビューです。

『ラグーナの庭(Un Jardin Sur La Lagune)』の香り

エルメス(Hermes)の庭シリーズの2019年の作品。公式によれば『ラグーナの庭(Un Jardin Sur La Lagune)』の香りは、アッケシソウ、トベラ、マドンナリリー、モクレンをメインとしたフローラルウッディとの事で、水の都ベネチアが舞台の作品です。

水の都をイメージしたと言う事だと思いますが、アクアティックウッディに感じます。序盤でアクアティックノートとパウダリーさや苦みなど多様な色を抱えたフローラルが香り、中盤以降ではアンバーグリスやアンブロキサン、ガイアックウッド、ムスク辺りを混ぜた様なベース香がとても力強く長く香り続けます。

最初少し珍しいフローラルブーケ(アッケシソウ、トベラ、マドンナリリー、モクレン)の癖のある要素に抵抗感があったのですが、何度も肌に纏っていると、むしろそれが癖になっており、かなり気に入っています。

面白いのが、香水に詳しい別の人に嗅いでもらうと、「CK Oneみたい」と言っていて印象的でした。私はそう聞くまでは全くそうは思わなかったのですが、言われてみれば確かにそういう雰囲気があるかもしれません。

『ラグーナの庭』はアクアティックノートやメタリックさが、『CK One』はグリーンやアルデヒド感があり、両者ケミカルと言う点は共通してるんですよね。

2019年発売。調香師はドルチェ&ガッバーナ(Dolce & Gabbana)の『ザ ワン(The One)』を手掛けたクリスティーヌ ナジェル(Christine Nagel)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました