『ホワイトベチバー(White Vetiver)』アベル(Abel)

abel white vetiver アベル(Abel)
スポンサーリンク

たなたろです。アベル(Abel)の香水『ホワイトベチバー(White Vetiver)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

画像出典:Fragrantica

『ホワイトベチバー(White Vetiver)』の香り

アベル(Abel)と言えばザ・精油かなと言うほどアロマティックな香りを作るメゾン。この『ホワイトベチバー』もご多分に漏れず、ベチバーの精油そのまんまと言って差し支えない香りです。

もちろんそれだと精油買えばいいじゃんって話なんですが、厳密にはベチバーを中心にライムやベルガモットのシャープで苦味のある柑橘類から始まります。その後ベチバーを経て最後にほんのりとバニラの甘さが漂う構成です。ブレンド精油とも違い、トップ-ミドル-ラストの展開をさせつつ、しかしおそらくかなり少ない種類の香料で構成された、香りのミニマリズム。

ちなみにこの『ホワイトベチバー』、つけていると「すごくいい香りがする、でもこれ香水?」と言われました。派手でなくフゼアとかフローラルだとかの香水っぽさも無い。個人的には日本でもオフィスやレストランにつけていける類の香水だと思ってます。人と会う時にとても重宝する類の香りですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました