『バルダフリーク(Bal d’Afrique)』バレード(Byredo)

Bal d’Afrique Byredo 香水まとめ記事

たなたろです。バレード(Byredo)の香水『バルダフリーク(Bal d’Afrique)』を肌に乗せて試した口コミ・レビューです。

『バルダフリーク(Bal d’Afrique)』の香り

ジューシーなシトラスからややクリーミーなフローラルへ変化する作品です。

トップのベルガモットやレモン、ブラックカラントがおいしそうに香る様は『パルプ(Pulp)』とよく似ていますね。

試しに2つ同時に右と左の手首に付けて経過を観察したところ、ミドル位までは本当に違いが分かりづらかったんです。

こう言ったシトラス系×カシス系のジューシーさで始まる香調はバレード印の様なものかも知れません。

トップにはマリーゴールドやオレンジフラワーも添えられ余計にジューシーさを残しつつ、その後のシクラメンやバイオレットの甘くややハーバルな香りに溶けて変わっていきます。

アンバーが強いのか分かりませんが、ラストにのそのハーバルで甘いさまがアニスっぽくもあります。パウダリーでもなく甘すぎずもない、過度な主張をしないユニセックスなフローラルとも言えますね。

2009年発売。

コメント

タイトルとURLをコピーしました