『デューロ(Duro)』ナーゾマット(Nasomatto)

Duro Nasomatto ナーゾマット(Nasomatto)

たなたろです。ナーゾマット(Nasomatto)の香水『デューロ(Duro)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

画像出典:luckyscent.com

『デューロ(Duro)』の香り

『デューロ(Duro)』の香りは、レザーをメインとした、オリエンタルなウッディシプレです。

『デューロ』はかなりスパイシーかつウッディな香調で、個人的にはとても好み。トップがオリエンタルで、ブラックペッパーやコリアンダー辺りだと思われますが、スパイシーな香料が香ります。スパイスとともに強いレザーの香りがスモーキーに立ち上がり、最後まで楽しませてくれます。

ミドル以降はパチュリ、サンダルウッド、ベチバーなどのウッディが感じられ、また穏やかなアンバーも背後で気配を感じますね。

全体的に甘さやフローラルはほぼ無いです。ごくごく一部ですが、パウダリーなローズ香の様なものを感じますが、気にならないほどに全体的にオリエンタルウッディとレザーの香りですね。こうした渋い香調が好みの方はストライクゾーンに入るでしょうね。

調香師はアレサンドロ ガルティエーリ(Alessandro Gualtieri)。

コメント

タイトルとURLをコピーしました