『エリート(Elite)』フローリス(Floris)

『エリート(Elite)』フローリス(Floris) フローリス(Floris)
スポンサーリンク

たなたろです。フローリス(Floris)の香水『エリート(Elite)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

『エリート(Elite)』の香り

『エリート(Elite)』の香りはシトラスウッディです。

1980年発売のクラシックな香りで、トップはベルガモット、グレープフルーツ、プチグレインのシトラス調がありつつも、ジュニパーやモミの木、シダーウッドがメインとなり、とても強く出ています。

トップからウッディがメインを張る事ってあまり無いかも。

ミドルからベイリーフ、ラベンダーのハーブが香り、同時にアニマリックなレザーやザラっとしたオークモスのスモーキーな重さが効いてきて、どんどん渋くなります。

ラストにかけて、モミの木、ジュニパー、レザー、オークモスはどっしりと腰を据えて残り続けます。

なお最後まで香り通すのがシダーウッドとオークモスで、特にオークモスのしっかりとした残り方がシプレっぽさを感じます。

この香調に近いのがペンハリガン(Penhaligon’s)の100年以上前の作品『ブレナム ブーケ(Blenheim Bouquet)』と似ていて、『ブレナムブーケ』をより重いウッディやレザーにしたのがこの『エリート』だと言えそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました