『フュイーユ ド タバック(Feuilles de Tabac)』ミラーハリス(Miller Harris)

Feuilles de Tabac Miller Harris ミラーハリス(Miller Harris)

たなたろです。ミラーハリス(Miller Harris)の香水『フュイーユ ド タバック(Feuilles de Tabac)』を肌に乗せて試した口コミ・感想レビューです。

『フュイーユ ド タバック(Feuilles de Tabac)』の香り


『フュイーユ ド タバック(Feuilles de Tabac)』の香りは、まぎれもなく、「タバコ」です。

ただタバコがテーマとは言っても、よくあるスモーキーなタバコの香調ではなくツンとしたヤニ、タールが主な香調ですね。

タバコの香りにパインの葉を加え、よりタール感が増しています。

さらにややグリーンっぽいピメントなどのスパイスが刺激を強める役割を。

そこに少量ですがセージの清涼感が加わり、これまでにあまりなかった「タバコ」フレグランスに。これ中々面白いです。

公式の説明にはスモーキーとありますが、よりスモーキーなニッチフレグランスを沢山嗅いでいるからか、いま一つスモーキーとまでは思いませんでした。むしろ火をつける前の煙草の原料をそのまま嗅いだ様な、青々しさの方を強く感じます。

なお、最後の最後までタバコリーフが香っており、ちょっと他では見た事がない香調ですね。

『フュイーユ ド タバック(Feuilles de Tabac)』は2000年のメゾン立ち上げ時に発売。

この尖り方がミラーハリスの初期であり、ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)辺りの初期のクリエイティブ(変わった素材をテーマにする)と相通ずる精神を感じます。

トップノート

  • イタリアン ベルガモット
  • フレンチ セージ
  • シベリアン パインニード

ミドルノート

  • キューバ産カスカリラ オイル
  • ピメント ベリー

ラストノート

  • インドネシアン パチョリ
  • トンカビーン
  • フレンチ タバコリーフ

『フュイーユ ド タバック(Feuilles de Tabac)』の調香師はリン ハリス、ミラーハリス(Miller Harris)を立ち上げた調香師で、初期の作品は彼女によるものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました