『グレイ ラブダナム(Grey Labdanum)』アベル(Abel)

Grey Labdanum abel アベル(Abel)
スポンサーリンク

たなたろです。アベル(Abel)の香水『グレイ ラブダナム(Grey Labdanum)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

『グレイ ラブダナム(Grey Labdanum)』の香り

いいですね。とても良い。アベル(Abel)はブレンド精油と香水の中間の様な、シンプルでいて香りの構成はトップ-ミドル-ラストで区別をつけたものです。

『グレイ ラブダナム(Grey Labdanum)』の香りは、もう名前通りラブダナムです。トップの控えめなグレープフルーツがそのままラブダナムのつんとした少し酸味をはらんだ樹脂香に引き継がれます。そのラブダナムをメインの題材として、クラリセージのハーバル調との組み合わせがとても落ち着くのです。

ラブダナムがメインの香水は、どちらかと言うとインセンス(お香)やスパイスと組み合わせてオリエンタルに調理されるものが多いです。ですがこの『グレイ ラブダナム(Grey Labdanum)』はセージ。結構珍しいタイプですね。

そしてミドル以降でパチュリのパキッとしたウッディ香が顔を出してきて、とても落ち着いたアロマな色味を帯びてきます。

いかんせん精油っぽさがあり香水っぽくないので、人と会う時や会社に出勤する時、デート、食事、どんなシチュエーションでも使いやすい。男女両方気に入る香りかなとも思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました