『モス(Moth)』ズーロジスト

moth zoologist ズーロジスト(ZOOLOGIST)
スポンサーリンク

たなたろです。ズーロジスト(Zoologist)の『モス(Moth)』を購入し肌に乗せた口コミ感想レビューです。日本人の調香師が辣腕を振るった珍しい作品。スパイシーなフローラルウッディです。

『モス』の香り

トップではサフランやブラックペッパーがオリエンタルなスパイス味を見せてくれます。その後このツイートの通り、メインと言うか一番目立っているのは実はハニー、次いでヘリオトロープなどのフローラルです。しかしそれだけではなく、スモーキーなウードもあり、アンバーグリスもあり、とかなり色々な要素が見え隠れするのがズーロジストらしさ。

購入してからも使用する頻度は高いです。やはり主に秋冬の涼しい時期に映えますね。

調香は日本人の方

調香を担当されたのは、proficeと言う老舗香水レビューサイトの稲葉さんと聞き購入。10年以上前、高円寺にオフィスを構えられていた時代に調香教室で何度か通った事があります。多分一番最初は2005年ぐらいだった気がします。懐かしい。その時教えて頂いた先生が稲葉さんでした。

時は流れて2018年に香水沼に私が戻ってきた時、調香師デビューされていたのを知り、嬉しくなって購入。そう言えば当時シベットやカストリウムなどのアニマルノートについて詳しく教えて頂いたなとか思い返したり。ちなみに調香教室は男性は私のみしか見かけず、女性ばかりでした。今だと違うのかな。

稲葉さんはご自身のサイトで「万人受けはしない」と書かれていますが、まあ確かにそうなのでしょうが、私含めてこちらを購入した人を何人か知っていまして、底堅い人気が伺えます。

同じズーロジストの別の作品『ナイチンゲール(Nightingale)』も稲葉さんの作品です。こちらは梅のシプレと珍しい構成ながら、シプレ好きは唸る仕上がりですのでぜひ。

2018年発売。

コメント

タイトルとURLをコピーしました