『チュべローザ』ニシャネ

チュベローザ ニシャネ ニシャネ(Nishane)

たなたろです。二シャネ(Nishane)のみずみずしいチュベローズの香り、『チュべローザ(Tuberoza)』。肌に乗せた口コミ・感想レビューです。

『チュべローザ(Tuberoza)』の香り

ニシャネのチュベローズの香りなのでさぞや濃厚なのだろう…と思って恐る恐る肌に乗せてみました。すると思ったほど重々しくなくて、軽やかで賑やかなホワイトフローラル調の香りだったんですよ。これ男性がつけても良さそうです。

トップから少し青々しさの残るチュベローズ、ジャスミン、イランイラン、ガーデニア、マリーゴールドのフローラルブーケが広がります。

それと同じくらい、スイートオレンジやオレンジブロッサムなど、柑橘を思わせる要素も混ざり合っていて、とてもカジュアルで楽しげな雰囲気に。チュベローズ主体の香りでもこんなにユニセックスなものもあるんですね。

全体的に甘さとかセクシーさとか、そういった要素は控えめで、瑞々しさだったり柔らかさだったりと、楽しげで使いやすいトーンにまとめられているフローラル。ニシャネってエキストレドパルファムの高濃度な香りが多いので、これは意外でした。

私は以前チュベローズ系の香りを探していたときに、ナーゾマット(Nasomatto)の『ナルコティックV(Narcotic Venus)』と迷いに迷って、最終的に『ナルコティックV』の方を購入したことがあります。当時の気分としては濃いチュベローズの香りを求めていたためそうしたチョイスに落ち着きました。今だったら『チュベローザ』も使いやすくて良さそうだなと感じます。

あと『おすすめのチュベローズ系香水』にも掲載中です。何位にしたかぜひみてみて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました