『ヴァネラ(Vanhera)』ラボラトリオ オルファティーボ

Vanhera Laboratorio Olfattivo ラボラトリオ オルファティーボ(LABORATORIO OLFATTIVO)
スポンサーリンク

たなたろです。ラボラトリオのバニラ系スパイシー調香水『ヴァネラ(Vanhera)』を肌に乗せて試した口コミ感想レビューです。

画像出典:laboratorioolfattivo.com

『ヴァネラ』の香り

ラボラトリオ オルファティーボ(Laboratorio Olfattivo)の中でも特に甘めな香りのポジションをとっているのがこの『ヴァネラ』名前から分かる通り、ヴァニラをひねった様な香りです。

肌に乗せてみると、非常にスパイシーに仕上げており、トップからバシバシと四川胡椒やピンクペッパーが香ります。バニラは最初は少し後ろに隠れているのですが、スパイスが引いてくるのと入れ替えに徐々に明るみに出てくる流れですね。

そのまま乾いたウッディとアンバーがベースで香っており、バニラの余韻を十分残しつつ緩やかに消えていきます。

バニラと大量のスパイスを組み合わせるのって、ありそうでそうそう出逢わないので面白いです。

2017年発売。調香師はルカ マッフェイ(Luca Maffei)。

2020年、同じラボラトリオより更に甘さとバニラを前面に押し出した『トンカード(Tonkade)』が発売されました。こちらはドライフルーツなどが強調され、よりグルマン調に近いものです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました