『トンカード(Tonkade)』ラボラトリオ オルファティーボ

Tonkade Laboratorio Olfattivo ラボラトリオ オルファティーボ(LABORATORIO OLFATTIVO)
スポンサーリンク

たなたろです。2020年のラボラトリオ新作、トンかビーンにバニラが香る『トンカード(Tonkade)』を肌に乗せて試した口コミ感想レビューです。

画像出典:laboratorioolfattivo.com

『トンカード(Tonkade)』の香り

個人的にはバニラが一番良く香っていたように感じます。とにかく糖分、甘さを物凄く感じる。

『トンカード』を肌に乗せてみると、まずドライフルーツやバニラの甘さがかなり強く濃く出てくると言う事。この時点でグルマン好きは買いの一手ではないでしょうか。

ここから変化するのかなと思っていたら最後までほとんどこの調子です。

トンカビーンも良く香るのですが、これは桜餅とか杏仁豆腐的な、パウダリーさを帯びた甘さがあります。でもこの『トンカード』のそれはやはりバニラの甘さ。

そして徐々に終盤に向かうにつれてパチュリやアンバーウッドなどのウッディ調が分かる様になってきます。割とこれらが分厚く入っていると思われるのですが、トップの甘さの持続性があるので分かりづらいかも知れませんね。

2020年発売。調香師はマリー デュシェーヌ(Marie Duchene)。

上のツイートでも言いましたが、同じラボラトリオではスパイシーバニラな『ヴァネラ(Vanhera)』が系統としては近いですね。

また別ブランドですが、同じ2020年新作バニラ系、ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)の『クルール バニーユ(Couleur Vanille)』もウッディが効いたバニラで素敵です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました