『クレールドゥムスク/ 透明なムスク(Clair de Musc)』セルジュルタンス(Serge Lutens)

Clair de Musc Serge Lutens セルジュルタンス(Serge Lutens)
スポンサーリンク

たなたろです。セルジュルタンス(Serge Lutens)の香水『クレールドゥムスク/ 透明なムスク(Clair de Musc)』を肌に乗せて試した口コミ・レビューです。

『クレールドゥムスク/ 透明なムスク(Clair de Musc)』の香り

2003年発売。調香師はクリストファー シェルドレイク(Christopher Sheldrake)。

『クレールドゥムスク/ 透明なムスク(Clair de Musc)』の香りはとてもクリアなムスクで、石鹸系だと思ってください。

ベルガモットやネロリはトップでうっすら香りますが、最初からムスクやアイリスパウダーの石鹸の様な香りが持続します。

私の場合、日によってムスクとアイリスどちらが強いかは変わります。

あと、香料が公開されていませんが、この手のリネン系の香りの場合スズランもあるのかな。もう少し細々とホワイトフローラルが混ぜられているようにも感じます。

また全体的に少しケミカルな要素が感じられ、もしかしたらアルデヒド等もあるかも知れません。

『クレールドゥムスク』と似たものでまず思いつくのはボディショップの『ホワイトムスク』や、カルバンクラインの『CK-be』などの、ケミカルでシンプルなムスクですね。

そこにアイリス、スズラン、ジャスミン等々を微量ずつ足してよりリッチにしたもの…と言うのがこの『クレールドゥムスク』のイメージです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました