『ウード パラオ(Oud Palao)』

Diptyque Oud Palao ディプティック(diptyque)
スポンサーリンク

たなたろです。ディプティック(Diptyque)の香水『ウード パラオ(Oud Palao)』を肌に乗せて試香した口コミ・感想レビューです。

これは…豊潤なウードですね。ウードと言うか、森林もそこにいる動物もひっくるめた、豊かな野生、、を表した様です。アニマリックでもある。

私の中で、最も好きなディプティック(Diptyque)の香水です。

『ウード パラオ(Oud Palao)』の香り

ディプティック(Diptyque)『ウード パラオ(Oud Palao)』の香りは、スパイシーなウードの香りです。香木の豊潤さを演出するのは実は花やバニラなど、幅広い小道具達。

ブルガリアン ローズ、ラオス ウード、マダガスカル産バニラ、スリランカ産サンタルウッド、シスタス ラブダナム、インドネシア産パチョリ。

『ウード パラオ』を肌に乗せて一日置いてみると、嗅ぐたびにスパイシーだったりスモーキーだったりちょっとローズだったり甘かったり。

時々樹脂っぽさやアニマリックなテイストも感じます。色んな役者がぐるぐるとめぐって来る様なウードとその周りの環境全てが香る様です。結構楽しい。

アニマリックなウードと言う観点ではルラボの『ウード(Oud) 27』に似てるとも言えます。ルラボの方がもっとアニマリックで、こちらは花やバニラのおかげでキレイ目に整っております。

また『ウード パラオ』より繊細なウッディ+ローズではアールフレグランス(R Fragrance)の香水『ブラックウード(Black Oud)』があります。日本の気候や日本人の好みに合っていますね。

『ウード パラオ』は普段使いも出来るのでしょうが、夜の方が映えるかと思います。あと秋冬かな。そして女性より男性に向いていそう。

2015年10月発売。ディプティック(Diptyque)の中では最も気に入っているものの一つ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました