『オパール シルク(Opal Silk)乳香』アールフレグランス(R Fragrance)

opal silk r fragrance アールフレグランス(R Fragrance)

たなたろです。アールフレグランス(R Fragrance)の香水『オパール シルク(Opal Silk)乳香』を肌に乗せて試した口コミ・感想レビューです。フルーティなバルサム調の香りです。

『オパール シルク(Opal Silk)乳香』の香り

『オパール シルク(Opal Silk)乳香』の香りはメインを「フランキンセンス(乳香、オリバナム)」としています。

トップがマスカットとヨーグルトでフルーティです。かなり意外性あり。ミドル以降もローズは控えめに感じますし、それ以上に柔らかいバルサミック香に落ち着いていきます。

全体的にトップのヨーグルトやマスカットの印象が強いのですが、『オパール シルク』は肌に乗せるとバルサム香が強く出ます。フランキンセンスの酸味とフルーツの酸味がうまく繋がっている感があって、ドライフルーツっぽいまとまり方に感じて面白いです。

とは言え確かに柔らかく人肌っぽいこの香り、人肌になじむと思います。肌なじみの良いシルクをイメージした香りと村井さんも言っています。

『オパール シルクは調香師の村井さんが、落ち込んだ時に思いついた香りとの事。人肌をイメージした香りを嗅ぐ事で精神的に安定する効果もあるかも知れません。

と言う感じでこの『オパール シルク』も中々ありそうでないんですよね。まさにニッチフレグランスです。

特に日本のニッチって独特の生態系を作りつつあると思ってます。こう言った『オパール シルク』の様な優しい香り立ちは海外のニッチフレグランスではあまりみられませんからね。

海外ニッチフレグランスで樹脂系だとスパイスとかバニラとかフローラルとかガツンと行っちゃう事も珍しく無いですし。

トップ

  • マスカット
  • ヨーグルト

ミドル

  • ローズ

ラスト

  • 乳香
  • 白檀

調香師は村井千尋さん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました