『ウードドニル(Oud de Nil)』ペンハリガン(Penhaligon’s)

Oud de Nil Penhaligon's ペンハリガン(Penhaligon’s)

たなたろです。ペンハリガン(Penhaligon’s)の香水『ウードドニル(Oud de Nil)』を肌に乗せて試した口コミ・レビューです。

『ウードドニル(Oud de Nil)』の香り

『ウードドニル(Oud de Nil)』の香りは、ウード×ローズがメイン。ペンハリガンのトレードルートコレクションの1つ。

「ニル」はナイル川の事なので、「ナイルのウード(香木)」の様な意味合い。実際にナイル川に香木が有るわけではなく、川の豊かな自然で育まれたかのようなウード、と言うイメージらしいです。

トップのグレープフルーツやオレンジブロッサムがカジュアルな雰囲気を醸しつつ、強く香るのがウード。

そこからすぐにローズが強まる香調で、近年流行りのウード+ローズ。

ラストではガイアックウッドやアンバーが、ウードと共に優しく香ります。

ペンハリガンの『ウードドニル』が他と違うのは、ガイアックウッドやパピルスのハーバルにも思えるすーっとしたクールさを加えローズモヒートの様な少し珍しい味わいになっているところ。

ラストはウードではなく、グリーンなローズが残ります。

コンセプトがトレードルートらしく珍しい、面白い作品。

ウードローズ3部作はGinza Six限定の取り扱い。

2016年発売。

クリーミーなウードローズ『ハルフェティ(Halfeti)』レビューはこちら。

スパイシーなウードローズ『エッサウィラ(As Sawira)』レビューはこちら。

コメント

タイトルとURLをコピーしました