『グリーンシダー(Green Cedar)』アベル(Abel)

green cedar abel アベル(Abel)
スポンサーリンク

たなたろです。アベル(Abel)の香水『グリーンシダー(Green Cedar)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

『グリーンシダー(Green Cedar)』の香り

この『グリーンシダー(Green Cedar)』はスパイシーなシダーウッドの香りがメインです。アベル(Abel)はシンプルな香調で、精油と香水の中間の様な香りなんですね。ボトルもシンプルな円柱型で、装飾を取り払っており、ミニマルの極みです。

『グリーンシダー(Green Cedar)』はトップからカルダモンがスパイシーに香りつつ、そのままアトラス産シダーウッドとテキサス産シダーウッドがメインで香ります。隠し味にはさらっとしたガイアックウッドが。とてもアロマティックでミニマルで、シダーウッドの精油の様です。

シダーはさらりとしたシルクの様なウッディで何というか精神的に安定しますね。しっかり香るけど、主張しすぎない香りを求める人には適しています。

似た香りはトバリ(Tobali)

このスパイス×シダーウッドの香りで思い出すのが、トバリ(Tobali)の『アイアンウィンド(Iron Wind)』や同じくトバリ(Tobali)の『サイプレスマスク(Cypress Mask)』に似てると言う事。

トバリの方がどちらもウード(沈香)を使い、より複雑にスパイスやお香などが絡む和風をイメージした方向性なのです。

一方この『グリーンシダー(Green Cedar)』の方がよりシンプルで使いやすいです。人と会う時でもオフィスでもレストランでも、基本的に場所を選ばない使い勝手の良さがあります。お好みで。

コメント

タイトルとURLをコピーしました