『マイロ(Mylo)』

Mylo ラボラトリオ オルファティーボ(LABORATORIO OLFATTIVO)
スポンサーリンク

たなたろです。ラボラトリオ オルファティーボ(Laboratorio Olfattivo)の香水『マイロ(Mylo)』を肌に乗せた口コミ・レビューです。

とてもかわいらしい香りですが、男女から好かれそうなユニセックスなシトラスフローラルです。

『マイロ(Mylo)』の香り

『マイロ(Mylo)』はトップにベルガモットやレモン、オレンジなどのシトラスが少し苦みをもって弾けます。

そこからフローラルが優しくも長く香るシトラスフローラルのタイプ。

ホワイトリリー、ジャスミン、アイリスなどが優しく香りますが、弱めに混ぜてあるものの存在感を隠せないローズも分かります。

ベンゾインなどの樹脂香や、アンバーに隠れて香るため、スモーキーなローズ…と思えるぐらい、ほのかなはずのローズが分かってしまうんですよね。

これだけフローラルが集まっていると次第にパウダリーになり、やがてバニラの甘さが強まるラストに。

個人的にはこれだけフローラルなのに男性でも問題なく付けられるほど、全体の香調をシトラスがユニセックスに仕立ててくれています。

ラボラトリオ オルファティーボはどうしても樹脂やウッディ、スモーキーなど重めのテイストが得意なニッチメゾンですが、この『マイロ(Mylo)』はパシャパシャ付けられるタイプです。なので男女ともにおすすめ。

2016年発売。調香師はルカ マフェイ(Luca Maffei)。賦香率は15%。

トップ

  • ベルガモット
  • レモン
  • イエローマンダリン
  • ピンクペッパー

ハート

  • ホワイトリリー
  • ジャスミン
  • アイリス
  • ローズ

ベース

  • ベンゾイン
  • バニラ
  • ホワイトアンバー
  • ムスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました