『パチュリフル(Patchouliful)』

Patchouliful ラボラトリオ オルファティーボ(LABORATORIO OLFATTIVO)
スポンサーリンク

たなたろです。ラボラトリオ オルファティーボ(Laboratorio Olfattivo)の香水『パチュリフル(Patchouliful)』を肌に乗せて試した口コミ・レビューです。

『パチュリフル(Patchouliful)』の香り

『パチュリフル(Patchouliful)』の香りは、名前通りパチョリが主役です。

チョコレートっぽさのある硬めのパチュリと、ふんわりしたアイリスの柔らかさを重ねる、硬軟両様のハーモニーが楽しいオリエンタルウッディ。

名前通りパチョリの重く硬いウッディを楽しむ作品で、ラボラトリオ オルファティーボの作品の中ではかなり好きな方です。

ブラックペッパーやカルダモン、ラブダナムのほの甘い樹脂っぽさがパチョリを強調しつつ、シナモンの甘さが少しチョコレートっぽさを思わせます。

ラストはパチュリの墨汁感、なのですが、そこに行きつくまでが長い。

少しずつアイリスもパウダリーに、パチュリは樟脳の様に変わって行きます。最後の最後にアイリスの方が強まる事が多い気がしますね。

かなりよく似た香水がセルジュルタンス(Serge Lutens)の『ボルネオ1833』。

こちらもパチョリ+カカオ+ラブダナムで、こちらの方がより重く暗いのですが、最初は瓜二つにしか思えなかった程でした。

2014年発売。調香師はセシール ザロキアン(Cecile Zarokian)。賦香率は15%。

トップ

  • ベルガモット
  • シナモン
  • クローブ

ハート

  • パチョリ
  • フランジパニ
  • アイリス

ベース

  • シトラス
  • シダー
  • ムスク

コメント

タイトルとURLをコピーしました