『サンタ クルーズ(Santa Cruz)』

Santa Cruz Le Couvent des Minimes クヴォン デ ミニム(Le Couvent des Minimes)

たなたろです。クヴォン デ ミニム(Le Couvent des Minimes)の香水『サンタ クルーズ(Santa Cruz)』を肌に乗せて試香した口コミ・感想レビューです。シトラスウッディで、典型的な夏香水です。『サンタ クルーズ(Santa Cruz)』はパルファム リマーカブル(Parfums Remarquables)シリーズの1つ。

『サンタ クルーズ(Santa Cruz)』の香り

『サンタ クルーズ(Santa Cruz)』の香りはシトラスが強いウッディですね。

ップから長い事ベルガモットなどのシトラスブーケが続きます。ここが完全にメインですね。これだけシトラスが強いと言う事は全体的に揮発性の高い香料の割合が大きいかと思います。こう言うのが好みな人にはとても良いと思います。

『サンタ クルーズ』はミドル以降はユーカリが出てきますが、同時にラストのシダーやベチバーの土っぽさもほのかに交じり合って来ます。

トップのシトラスがとても強く出る分、ミドル以降がとても弱いため、ほぼほぼ全体的にシトラスを楽しむための香水だと思って下さい。

個人的には他に似た様な香りが沢山あるので、敢えて『サンタ クルーズ』を選ぶ強い理由は特にないかな…いい香りなのは間違いないですが。

利用シーンは夏

秋冬では香り立ちが弱く、物足りないと思います。夏にこそ、こう言った『サンタ クルーズ』の様なフレグランスをバシャバシャと浴びる使い方が楽しいなと。それも日が出ている時間の日中ですよね。多分かなり番人受けするので、友達とシェアし合ってもいいかも知れません

コメント

タイトルとURLをコピーしました