『フー アブサン(Fou d’Absinthe)』ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)

『フー アブサン(Fou d'Absinthe)』ラルチザン パフューム(L'Artisan Parfumeur) ラルチザンパフューム(L’Artisan Parfumeur)
スポンサーリンク

たなたろです。ラルチザン パフューム(L’Artisan Parfumeur)の香水『フー アブサン』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

『フー アブサン(Fou d’Absinthe)』の香り

『フー アブサン(Fou d’Absinthe)』の香りはオリエンタルウッディ。ラルチザンと言えばかつてはオリエンタル色の強い攻めのニッチメゾンでありましたが、それを決定付けた様な一本です。

トップからオリエンタルを思わせるスモーキーなインセンスが立ち込め、胡椒やスターアニスの辛さとハーブ香、酸味を伴うクローブのスパイス香、ジンジャーのピリッとした刺激などが、それなりの強さでまとわり付くような、香り立ちです。

そこにタイトルにもなったアブサン酒の原料のワームウッド(ニガヨモギ)のハーバル香も出ており、アブサンを口に含んだ瞬間を思わせる苦いハーブの香りに。

一方でブラックカラントのほのかなジューシーさもあり、全体の重さを幾分か中和しています。

ミドルからラストにかけてはモミの木やパインツリー(松)の、針葉樹らしい乾いた酸味を含む落ち着いたウッディが見え始める様になります。

ラストでは全体のインセンスやオリエンタル感を維持しつつ柔らかく明るいアンバーがしっかり香り、全体の雰囲気を柔和に変えていきます。

モンブランの丸型ボトル青いエディションの香りに似てますね。

2006年発売。調香師はオリビアジャコベッティ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました