『ハンドレッド サイレント ウェイズ(Hundred Silent Ways)』ニシャネ(Nishane)

Hundred Silent Ways Nishane ニシャネ(Nishane)

たなたろです。ニシャネ(Nishane)の香水『ハンドレッド サイレント ウェイズ(Hundred Silent Ways)』を肌に乗せて試香した口コミ・レビューです。

画像出典:etiket.ca

『ハンドレッド サイレント ウェイズ(Hundred Silent Ways)』の香り

『ハンドレッド サイレント ウェイズ(Hundred Silent Ways)』の香りは、フルーティフローラルです。

トップはマンダリンやピーチなどでフルーティに始まります。特にピーチが分かりやすいですね。南国の温暖な地域の生活を感じるかの様です。

ミドル以降、チュベローズ、アイリス、ホワイトジャスミン、ガーデニア…などのフローラルブーケとなり、主にジャスミンやガーデニアを感じますが、それもそこまで強くはないです。どちらかと言うとフルーティでバニラな甘さが前面に出ています。

ラストのバニラはミドルのフローラルに重なる様に出てきており、バニラに隠れてアイリス、ジャスミン辺りが認識できる程度ですね。

フローラルブーケなら同じニシャネ(Nishane)の『ヴィジョラ』、『チュベローザ』の方がしっかり香るかと思います。

『ハンドレッド サイレント ウェイズ』は2016年発売。

コメント

タイトルとURLをコピーしました