『ラ フュイーユ(La Feuille)』ミラーハリス(Miller Harris)

La Feuille Miller Harris ミラーハリス(Miller Harris)
スポンサーリンク

たなたろです。ミラーハリス(Miller Harris)の香水『ラ フュイーユ(La Feuille)』を肌に乗せて試した口コミ・レビューです。

『ラ フュイーユ(La Feuille)』の香り

『ラ フュイーユ(La Feuille)』の香りは、グリーンフルーティ系のシプレです。

トップは一瞬ベルガモットなどのシトラスの後にトマトリーフとガルバナムのグリーン香が出るのですが、トマトリーフのわずかな塩味と粘度の高いもったりとしたオークモスがバターの様な、酸っぱさや塩気の混じったクリーミーなグリーンを作ります。

ローズも奥に隠れて出てくるのですが総体として甘さよりパウダリーさが勝り、あまり出会ったことのないフローラルの表現に。恐らく好みが非常に強く別れる一品ですね。

オークモスが強めで、シプレ風に感じる人もいるでしょうし、グリーン調が強めな人もいるかと思います。私も日によって感じ方が違っていて、面白いなあと思います。

同じミラーハリスのグリーンシプレ系ならシトラス調から始まる『テール ディリス(Terre d’Iris)』もおすすめです。

また、ミラーハリスのグリーン系ですと『ワンダー(ワンダー スルー ザ パークス Wander Through The Parks)』の方が多くの人にとって取っつきやすそうではあります。女性に人気がありそう。

2013年発売。

コメント

タイトルとURLをコピーしました